Windows 10 で デスクトップ リスト表示 を ctrl+shift+5でしてもできなかったので結局外部アプリで解決できた

昔はぴたすちお、最近までは(今回のと別の)DesktopListView.exeを使ってたのですが、Windows 10にアップグレードしたところ軽快なフットワークのもとに動かなくなりました。
検索したところ、「Windows 10ならそれ、OSの機能でできるよ!」と書いてあったから試してみました。
www.thewindowsclub.com

ctrl+shift+0+8とか書いてあるけど、それだとファイルの種類なんていう無駄なものを2行表示してくるのでctrl+shift+5の方で、、、が、何故か一行しか表示されませんでした。デスクトップにあるファイルの数変えてみたりだとか、長いファイル名を変えてみたりだとか色々試したのだけど私のPCでは無理でした。。。

ほぼ諦めてたところ、いままで使ってたのとは別のDesktopListView.exeをみつけました。
Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.

これでやってみたら、、、おお!いけました。なんかしらバッドノウハウがあるのかしらん。
ちなみに、起動時に実行するためにスタートアップに入れるためには上のURLにもある通り、Win+Rで開いたファイル名を指定して実行から shell:Startupを実行してそこにexeのショートカットを入れるとよいです。